チェ・ゲバラがキューバ共産党に与えた影響とは何だったのか

革命家、チェ・ゲバラという人物の名前を聞いたことがあるでしょうか。

赤いキリストとも呼ばれるチェ・ゲバラはカストロと共にキューバを共産主義に導いた人物です。

そんなチェ・ゲバラは私利私欲に惑わされることもなく、未だに英雄として世界中の人気を集めています。

あの偉大な音楽家、ジョン・レノンでさえ、「あんなに格好いい革命家はいない」と述べたほどでした。

そのチェ・ゲバラは、一体キューバの共産党にどのような影響を与えたのでしょうか。

ここではチェ・ゲバラがキューバの共産党に与えた影響について解説します。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

カストロ率いる反乱軍に加わる

チェ・ゲバラはブエノスアイレス大学の医学部で医師免許を取得したに

もかかわらず、政情が不安定なアルゼンチンで医師になる気は全くありませんでした。

大学卒業後、2度目に南アメリカ縦断を行い、そこでボリビアの農地改革を目にし、アメリカに不当に搾取された状況を目の当たりにしたのです。

その頃最初の妻、イルダ・ガデアに出会い、こののち結婚します。

メキシコに亡命した後、彼はキューバのバチスタ政権に反乱を企てようとしているカストロに出会い、意気投合しました。

そしてその反乱軍の軍医として加わることを決めたのです。

キューバ危機成功

グランマ号と言われる7人乗りのレジャーボートに82名が乗り込み、キューバに密航しました。

1週間、嵐の中をさまよい、70人以上が亡くなった上に士気も下がりましたが、そのまま攻撃を続け、バチスタ政権を制圧します。

そしてハバナを支配下に置き、1965年にキューバ共産党が出来上がりました。

社会主義及び国の優れた指導力と規定され、共産党の一党独裁体制となっています。

マルクス・レーニン主義に忠実

社会主義といっても、チェ・ゲバラはソ連のような社会主義や市場経済化を進める中国の共産党、ベトナム共産党とも違う形態がとられています。

キューバ共産党は極めてマルクス・レーニン主義に忠実です。

また、カストロがソ連の援助を受けようとした時もソ連を公に批判していたチェ・ゲバラはその考えを理解できず、これがカストロとチェ・ゲバラの決別の要因ともなりました。

今ではカストロの弟、ラウル・カストロが中央委員会第一書記として実権を握っています。

まとめ

いかがでしょうか。

チェ・ゲバラは極めてマルクス・レーニン主義に忠実な共産党に憧れを抱いていました。

そのため、キューバの共産党は他の社会主義国家の共産党とは若干の違いがあるのです。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

cheguevara-historyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする