チェ・ゲバラがキューバ危機で残した功績とは

革命家、チェ・チェ・ゲバラを知っているでしょうか。

チェ・ゲバラはアルゼンチン出身で、実はキューバ出身ではありません。

しかしチェ・ゲバラはキューバではよく知られている人物であり、いまだに多くの人に愛されています。

そんなチェ・ゲバラはキューバ危機でどのような功績を残したのでしょうか。

ここでは、チェ・ゲバラのキューバ危機における功績について紹介します。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

アルゼンチンでは医者になりたくない!

チェ・ゲバラはブエノスアイレス大学の医学部に進学し、6年かけて終えるべき過程を3年で卒業しました。

幼少の頃から喘息に悩まされていたチェ・ゲバラですが、祖母がガンで亡くなったことをきっかけに、医師を志すようになったと言われています。

その一方で、政情が不安定なアルゼンチンで軍医になる気にはならず、2度の南アメリカ縦断の旅を経て、差別や貧富の差、鉱山労働者やハンセン病患者など、社会的な問題に直面しました。

彼らに関心を深め、徐々にマルクス主義に傾倒していったのです。

そして大学卒業後、ボリビアでアメリカ合衆国に搾取された農園を見て、アメリカの支配から脱しなければいけないと強く願うようになりました。

カストロとの出会い

チェ・ゲバラのキューバ危機での功績は、このカストロとの出会いから始まると言えるでしょう。

メキシコに亡命していたカストロと出会ったチェ・ゲバラはカストロと一晩中話し、その考え方に惹かれました。

そしてカストロが率いる反乱軍の軍医として加わることを決意したのです。

ここからチェ・ゲバラの功績が始まります。

7人乗りのレジャー用のボートでキューバに密航した反乱軍は、日中に上陸したこともあり、キューバ軍から攻撃され、82人中十数人を残して射殺されました。

カストロやチェ・ゲバラはここで生き残り、攻撃を続けていきます。

十数人しか残らなかった反乱軍ですが、2年後にはキューバ軍を制圧しました。

ハバナを支配下に収める

カストロがハバナを支配下に収め、キューバ危機が成立しました。

その後チェ・ゲバラは2度目の結婚をし、2人目の妻アレイダとの間に2人の息子と2人の娘を設けます。

キューバ危機の後は国立銀行総裁、工業総裁と歴任し、さらに日曜日はボランティアに出かけるなど、忙しい日々を送っていました。

こんな時でも、農場を訪れて労働者たちと一緒に汗を流したり、工場を訪問して労働者たちを激励したりなど、人格者としての一面を見せていたと言われています。

チェ・ゲバラの裁量に任された限り、捕虜たちもほとんど生きたまま解放されました。

無益な殺生をせず、私利私欲に流される事はなかったと言われています。

長年愛用したベレー帽をかぶり、着古した軍の服を大切にしていました。

まとめ

いかがでしょうか。

キューバ危機で功績を残したチェ・ゲバラがそもそも実はキューバ人ではなかったということも驚きですよね。

しかし、アルゼンチン出身でありながらチェ・ゲバラは今でもキューバの人に愛されています。

彼の肖像は壁画やシャツなどにも使われているのです。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

cheguevara-historyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする