チェ・ゲバラが革命で残した名言

革命家チェ・ゲバラという人物の名前を聞いたことがあるでしょうか。

今でも彼の肖像画を見たことがないという人はいないでしょう。

あの偉大な音楽家、ジョン・レノンにも最も格好いい革命家だと言われており、その人気は衰えることがありません。

そんなチェ・ゲバラは様々な名言を残したことでも有名ですが、どのような名言を残したのでしょうか。

ここではチェ・ゲバラの名言について紹介します。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

理想について

チェ・ゲバラは徹底した理想主義者だと言われましたが、彼は「私を導くものは真実への情熱だけだ。

あらゆる問題について、私はこの点から考える」という名言を残しています。

理想を追求する気持ちを表した名言は格好いいですよね。

また、「国民に意思を伝えるためには、国民の一人となって感じなければならない。

国民の欲するもの、要求するもの、感じるものを知らなければならない」という名言も有名です。

そして彼は本当にそのように行動した人物でした。

指導者について

チェ・ゲバラは革命を指導した人物でしたが、指導者については「国民の英雄たるもの、国民から遠くはなれていてはいけない。

高い台座に上って、国民の生活と無縁なところにおさめるべきではない」や、「指導者とは、人が自分と同じところまで追いつけるように誘導するものだ。

ただ言葉で強いるのではなく、後ろにいる人たちを力づけて、自分のレベルまで引き上げようとするものだ」という名言が有名です。

確かに指導者といっても、もし指導者が上から目線で命令ばかりしていたら、誰もついていきませんよね。

そしてチェ・ゲバラは本当にそのように行動した人物でした。

だからこそ、特に部下に慕われたのです。

死について

チェ・ゲバラは最後には逮捕され、銃殺されました。

そんな死についても、チェ・ゲバラは名言を残しています。

どこで死に襲われようと、我々の戦いの雄叫びが誰かの耳に届き、我々の武器を取るために別の手が差し出され、他の人たちが立ち上がるのなら、喜んで死を受け入れよう」と、決して死を恐れているわけではないということが分かる言葉を残しているのです。

実際に処刑される時、3発撃たれても絶命せず、その時「撃て!」と述べたと言われています。

まとめ

いかがでしょうか。

彼の名言は今でも多くの人に影響を与えており、多くの人に愛されています。

今でもチェ・ゲバラの肖像画はシャツや壁画として使われており、その顔を見たことがないという人はいないでしょう。

彼の死後50年の記念式典では、約8万人の国民が集まったと言われています。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

cheguevara-historyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする