チェ・ゲバラの遺言にはどのようなものがあるのか

革命家、チェ・ゲバラを知っているでしょうか。

その肖像画はシャツや壁画にも使われており、銅像もありますよね。

その肖像画を一度も見たことがないという人はいないのではないでしょうか。

あの有名な音楽家、ジョン・レノンにも「彼ほど偉大な革命家はいない」と称賛されています。

チェ・ゲバラは最終的には銃殺されましたが、そんな彼はどんな遺言を残したのでしょうか。

ここではゲバラの遺言について紹介します。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

「落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれから一人の人間を殺すのだ」

チェ・ゲバラの処刑命令が下りた後、兵士がゲバラに向けて銃を撃ちました。

しかし、3発当たってもゲバラは生きており、処刑を躊躇する兵士に対してゲバラは「落ち着け、そして狙え。

お前はこれから一人の人間を殺すのだ」と述べたと言われています。

そしてこれは、彼の最後の言葉でもあります。

決して命乞いをすることもなく、ゲバラは死を受け入れたのです。

「人間はダイアモンドだ」

チェ・ゲバラは人間と人間を繋ぎ、人間の力を信じた人物だと言われています。

そんなゲバラは「人間はダイアモンドだ。

ダイアモンドを磨くことができるのはダイアモンドしかない。

人間を磨くにも人間とコミュニケーションを取るしかないんだよ」と述べています。

彼は人の言い分を無視することなく、理想主義を追求した人物でした。

俗に、理想主義者と言うのは富と名声を手にすると人が変わってしまうということもありますが、チェ・ゲバラは最後の最後まで理想を追求したのです。

その姿勢が坂本龍馬と比較されることもあります。

「未来のために今を耐えるのではなく、未来のために今を楽しく生きるのだ」

チェ・ゲバラは革命家でしたが、決してつらい人生を歩んだわけではありません。

確かにゲリラ戦争を経験し、命の危機を何度も経験していますが、だからと言って彼は人生を悲観していたわけではないのです。

むしろ「未来のために今を楽しく生きるのだ」と、人生を前向きに楽しむような遺言を残しています。

そのような前向きな言葉が、今の人々にも広く受け入れられていると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

今でも人々に愛されるチェ・ゲバラは徹底した理想主義者であり、だからこそ様々な遺言は今でも人々に元気を与えています。

これ以外にもチェ・ゲバラの遺言や名言は有名であり、人々に愛される要因となっています。

歴代の偉大な人物にも高く評価されているチェ・ゲバラは、これからも多くの人に愛されていくことでしょう。

スポンサーリンク
cheguevara-historyレクタングル大

cheguevara-historyレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする